外部アシスタントの利用

婦人

採用する必要が無し

日々ご自身の業務の管理から、簡単なパソコン入力作業をアシスタントや秘書が担当してくれればより業務に専念でき、業務量を減らす事が出来ると感じた事はないでしょうか。しかし人件費も無く、新たに人を採用する事が難しい場合は、外部へ委託する事で秘書代行の利用が可能となります。秘書代行はその名の通り、社内の秘書の様な仕事を担当してくれますが、基本的には社内にはおらず外部から企業をサポートしてくれます。社員一人に対して秘書代行を依頼する事も出来ますし、部署やチームを担当してもらう事も可能です。基本的に簡単な業務を委託する事になりますが、例えば日々社内へかかってくる電話を全て秘書代行が受付、必要な内容を必要な人へ連絡してくれます。社内の電話の数を大きく減らす事にも繋がり、より専念すべき業務へ集中する事か可能となります。その他にも、定期的なレポートがあれば、入力作業等を委託する事も可能です。必要なデータを集める事は社内で行い、単純な入力作業は秘書代行を利用してみると良いでしょう。秘書代行は、新たに人を採用するよりも安く利用が出来る場合もあれば、必要な業務量に応じてた料金とする事も可能です。つまり、社内の業務量に応じたコストとなりますので、少ないコストで日々の業務をより効率的に進める事が出来るでしょう。まるで社内の秘書の様な利用が可能となり、社内のコスト削減、そして御油無効率化が実現可能となるでしょう。

社内

主要メンバーを巻き込む

組織改善は、企業では必要なことです。ビジネスを取り巻く環境が変化することで組織改善を必要とするケースは必然的に発生します。トップダウンの指示だけでなく、主要メンバーの認識を統一させておくことが大事なポイントです。

システム

適切なものを選ぼう

コミュニケーションツールは多様なものが存在する。電話、FAX、手紙、電子メール、テレビ電話等である。証跡を残す効果やニュアンスを感じとる効果といった要素、コスト等を勘案し、適切なコミュニケーションツールを複数選ぶことが重要である。

女の人

決算と法人税申告

企業では法人税額を計算するために事業年度ごとの決算を実施しますが、その際には税務署への決算申告が必要です。決算申告には決算報告書など数多くの書類作成を伴うため、経理担当者にとっては業務負担が重くなります。決算申告代行サービスを利用する際には、実績豊富で信頼性の高い業者を選ぶといいでしょう。