適切なものを選ぼう

システム

長所の把握が重要

コミュニケーションツールには、多くのものがある。特徴と共に説明する。まず、従来からあるコミュニケーションツールとして代表的なものとしては、電話である。おそらくどの企業にもあると思われる。声のトーンから相手の感情やニュアンスを感じとることができ、比較的安価である。顔が見えないことで、プライバシー等、一定の秘匿性を持つ点がかえって安心である。2つ目はFAXである。これも比較的昔から存在する。文面や絵で伝えることができるが、紙削減の流れ等で他手段にとって変わられつつある。商習慣上残っている業界も多い。3つ目は手紙である。郵便、書面等も含めてである。これもアナログな方法だが、むしろ証跡を残すという点では強力な方法である。一定のコストを要する。4つ目は電子メールである。今となっては代表的なコミュニケーションツールである。ほぼ無料で利用可能で、添付ファイルも使えるので、自由度が高く、証跡を残す点でも一定の効力がある。転送等、情報のコピー等も容易である。5つ目は、テレビ電話やテレビ会議等、相手の顔を見ながらコミュニケーションできるツールである。細かいニュアンスが伝わり、最も一体感を醸成するコミュニケーションツールであるが、導入や利用に一定のコストを要する。絶対的に悪なコミュニケーションツールというものは存在しない。商習慣や業務のやり方、費やせるコスト等を勘案し、適切なものを1つまたは複数選ぶことが必要である。